不妊に悩む方への支援

不妊治療に関する助成制度

特定不妊治療費助成事業

 医療保険が適用できず医療費が高額である特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)について、治療費の一部を助成することにより、治療者の経済的負担軽減を目的に実施しています。

 

男性不妊検査費助成事業

 不妊の原因の約半数は男性側にもあるとされています。男性にも積極的に検査を受けてもらうために、男性の不妊検査に係る費用の一部を助成します。

 

市町村の不妊治療費助成制度(令和3年4月1日現在)(PDF:240KB)

 市町村では、県の助成制度とは別に独自に助成を行っています。詳細は各市町村へお問い合わせください。

不妊・不育に関する相談窓口

不妊専門相談センター

 不妊や不育に関する専門相談をお受けする不妊専門相談センターを開設しています。電話またはメール等で相談に応じますのでご利用ください。

不育症検査に関する助成制度

 不育症検査費助成事業
 不育症検査のうち、先進医療として実施された保険診療適用外の「流産検体を用いた染色体検査」にかかる費用を助成します。(この検査を先進医療として実施している医療機関に限られます。)

 先進医療を実施している医療機関の一覧(厚生労働省ホームページ)

妊孕性(にんようせい)温存療法に関する助成制度

島根県小児・AYA世代のがん患者等の妊孕性温存療法研究促進事業

 がん治療等により、妊娠するための機能や能力である妊孕性(にんようせい)が損なわれる可能性のある患者さんに対し、「妊孕性温存療法」に要する費用を助成します。